トップ > 陶器・ガラス製品

  • 繊維製品
  • 人形・玩具
  • 陶器・ガラス製品
  • 木竹・紙製品
  • その他の製品
  • 水産加工品
  • 農・畜産加工品
  • 麺類
  • 米飯・惣菜・だし等
  • 茶
  • 菓子
  • 清酒・焼酎
  • 健康関連製品
  • 特別・賛助会員
福岡経済産業省
陶器・ガラス製品

小石原焼(東峰村小石原)は英彦山の西のふもとにあり、小石原焼は1682年に、黒田光之が伊万里から陶工を招いて窯場を開いたのが始まりで、最も古い窯元は300年の歴史をもっています。
小石原焼は、刷毛目、飛び鉋、櫛描きなどによって表現される独特の幾何学的な紋様が特色で、素焼きを行わず釉薬を流し掛ける技法で作られます。日本の陶芸界に大きく影響を与えたバーナード・リーチによって、「用の美の極致である」と大きく称賛されました。

小石原焼陶器協同組合(小石原焼) ホームページ

〒838-1601
朝倉郡東峰村小石原730-9
TEL:0946-74-2266 FAX:0946-74-2266

小石原焼
木竹・紙製品

豊臣秀吉による「文禄・慶長の役」により招致され、加藤清正公に従って帰化した、李朝陶工・尊楷。そして、西国大名の中でも茶道に造詣が深く、千利休から直接教えを受け「茶禅一味」の奥義を極めた、豊前藩主・細川忠興候。この二人の出会いが、上野焼四百年の歴史の最初の一歩でした。細川忠興候は1602年尊楷を招き、水質、釉薬の採取に最も適した上野の地に窯を築きました。尊楷は地名にちなんで上野喜蔵高国と名を改め、細川忠興候の指導により、格調高い茶陶を30年間、献上し続けました。徳川時代になると、徳川家茶道指南役の大茶人・小堀遠州が茶器を作るために全国七ヶ所の窯元を選定しました。昭和58年には国の伝統的工芸品の指定を受けました。

上野焼協同組合(商標登録 上野焼) ホームページ

〒822-1102
田川郡福智町上野2811
TEL:0947-28-5864 FAX:0947-28-5864

上野焼
アドレスバー